f:id:enokido12:20151119215332j:plain

黒田バズーカ3はいつ行われるのか。

気になりますよね。

もちろんいつかは誰にも分かりませんが、

実施を知ってから参入しても十分利益を

得られる可能性が高いと考えます。(相場に絶対は

ないので、「得られる」と断言しませんが)

では金融緩和が行われたらどのように立ち回れば

良いのか。

スポンサーリンク

 

先に結論を書くと、USD/円のロングポジション

を持てば勝てる可能性が高いと考えています。

 

過去から学ぼう

金融緩和があった際のチャートを見てみましょう。

f:id:enokido12:20151123164447j:plain

f:id:enokido12:20151123164458j:plain

画像は黒田バズーカ1(2013年4月4日)と

黒田バズーカ2(2014年10月31日)のドル円

チャートです。

発表後一気に円安に伸び、さらに長時間に渡って

トレンドが続いています。

過去の事例から明らかなように、金融緩和があると

円安トレンドが長時間続く可能性が高いです。

 

裁量トレードで参入予定

自分は基本スワップ運用で長期保有ですが、

金融緩和時は裁量トレードでロングしようと

考えています。

 

裁量トレードはファンダメンタルについて

考える必要はなく、ひたすら期待値がプラスの

ものに賭け続ける事がトータルで勝つ手法です。

 

金融緩和自体はファンダメンタルの要素ですが、

上がるか下がるかの確率で言えば上がる可能性が

非常に高く、十分勝てると考えています。

 

次の金融政策決定会合はは12月17、18日

ですので、気にしておきましょう。