日曜日の朝です。

 

おはようございます、りょうこです。

 

 

 

 

今日の朝ご飯はコーヒーだけ。

昨夜にごり酒を飲みすぎ、お昼にランチの予定が入っているので

朝はお腹を落ち着かせます。

 

 f:id:meguroryokoworks:20160320101008j:plain

 

 

コーヒーですが、宿主は近所にある豆蔵⁽まめくら⁾のコーヒー豆を買っています。

 

美味しくて飲みやすくて、私でもいつもブラックで飲んでいる、豆蔵のコーヒー豆。

 

 

 

 

私 :    いつも豆蔵で買う理由はなんなんですか?

 

宿主『マスターが、良い人やから

 

 

 

 

 

 

 

…思いのほかシンプルな回答でした。

 

 

 

『飲食店でもショップでも、

お店選びをするときにまず思い浮かべる事。

 

それは人なんじゃないでしょうか。

 

個人店では特に、

どんなに美味しい料理を出すお店よりも、

品物のクオリティが高くても

行列のできる有名店よりも

 

あの店主に会いに行く、

気の知れたマスターやお客さんと話しながら食べる、

その楽しみや癒しを求める人が多いんじゃないでしょうか。

 

美味しさや満足度って、一緒に過ごした人にかなり左右されますものね

 

気になっている男性と食べた料理なんて、猛烈に美味しく感じたり、または緊張で味が分からなかったりしますもんね。

後日一人で同じものを食べたら前ほど感動しなかった、とかね。

 

 

人が良いところには何度も行きたくなる。』

 

 

 

私は『人』視点で店選びをしていなかった、

というかそういう視点を意識したことがありませんでしたが、

かなり納得しました。

 

私にも思い当たる事があります。

 

近所には沢山のカフェがあるのですが、

気になるお店にいつまで経っても行けないのは、

ふと行きたくなる居心地のいいカフェがあるからなんです。

 

そこの店主さんとお話すると、1時間なんてあっという間です。

 

 

大学時代の4年間と今奈良にいる1か月、こんなに居るのにカフェ開拓が進みません。

 

 

ああ、あの店主さんに会いたいから行くんだな、

と意識しただけで、人と丁寧に接することができるかもしれませんね。

 

 

 

 

…豆蔵さんのお店紹介になりませんでしたね。

奈良日和りの宿主のマインド紹介でした。

 

 

豆蔵さんには私はまだ行けていないので、

実際に訪ねてから記事を書かせて頂きます!

 

 

 

 

余談ですが、前回の記事の次回予告と全然違う内容になりました。

私が朝寝坊した話は、また今度書きますね(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

では、今日のゲストばーばらさんとランチに行ってきます。

 ばーばらさんは宿主の友達。遠くからはるばる来てくれて、もうすぐ奈良に到着するみたい。

 

 

 

名前から想像できますが、彼女は美容師さんです。

 

 

じゃあ行ってきます!!

 

ryoko.