手元のジャンプを開き一緒に読んでみて貰えれば。。約見開きふたつ(4ページ)ごとの一言的感想です。


☆ひょっこり出てきた不思議な…きつね?新世代"こっくり"異聞読切センターカラー47ページ!!


こっくりさんが懐かしい。今でもやっているのかな?カラーページが正直怖い。山之犬太ってすごい字面だなー。


宇佐みゆきさん。子ども、女の子と可愛い感じ。ギャグ的描写も増えたかな。ネーム多いな…。俺に関わるな?というのは、何か能力的事情があるのかな?


鍵だけ渡すのは教師の怠慢に思える。顔付きと傷か…。社会的なモノを感じる。こっくり屋社長狐三郎登場…。こんなキャラも描けるようになったのか…。


ぬいぐるみと思うのは、ディフォルトに思えますねぇ。狐火の手錠が面白かったです。弟も目つき悪そうだな…。ジャンプのやりとりが懐かしい。


まさかのハンターww。妖力(ようりき)…能力設定か…。主人公も素質がある感じかな?こっくり産業株式会社ww。明らかに宣伝に成功しているのは「こっくりさん」のような…。


ツンデレか…。お礼言う人まで遠ざける意味って何だろうか?不良がこっくりさんを、やっちゃうとは…。展開上必要なのだろうけど。びっくり。


傷と心の問題…。人との関わり方…。シンプルだけど、テーマ性を感じる。みゆきさんがかなり可愛い。さりげなく「姉弟」なのも良い感じだ。


こっくり産業の力を受けても、人格は保たれている感じか…。拉致からの展開が、ちょっと早いような??ふーむ。スタンドみたいな感じか…。妖力をとられすぎるのだろうな。。


ひどすぎ…。せめて願いをかなえてあげてよ…。客みてぇな…。願いはかなえるのか…。キックの介入が痛快でよいですね。


バトルに人間がどれくらい関わるかが気になるところである。「友達」はちょっとベタかな…。なるほど、妖力で繋がるのか…。


力が開放されて、むしろトーンが少なくなるのが、良い感じ。攻撃を掻き分けるのが、カッコ良い。力の量以外の力があるのかな?


なるほど。友情か…。そして、勝利。ラストのコマ割が力尽きている感じがする…。多分、1ページくらい節約しないとダメだったのだろうな…。


次号はAOKO先生の特別読切『GLASS FEET-グラスフィート-』が登場!!