障害者手帳の更新で医者の診断書が必要な場合があります。

年金証書があれば不要なケースもありますが、どうしても診断書が必要なケースがある場合、診断書を書いてもらうのに料金が発生してしまいます。
私の知っているケースで最高額7000円の診断書代がかかっていました。自由診療といっても酷い話です。

診断書を必要とする人の中には生活保護受給の方がいます。
生活保護受給者としては7000円は痛い。

しかし、うちの市では上限5970円の補助が出ます。
たいていの病院は浸透していますので勝手に親切で5970円以内で保護課に請求してくれていますので窓口でお金を支払う必要がないケースがほとんどです。
しかし、7000円だと1030円が自己負担となる場合があります。
病院によって様々なので仕方ないのでしょうか?
一度試して欲しいのが「私は生活保護受給者です。手帳の更新のため診断書を書いて欲しいのですが、補助の関係でできれば5970円までに抑えていただけると助かります」と言えばそうしてくれる場合が多々あるそうです。

5970円はあくまでもうちの市ですのでお住いの地域では補助の金額は異なりますのでお近くの保護課までお問い合わせ下さい。

f:id:shougaishafukushi:20170222155344j:plain

ケースは違いますが賃貸の保証料、火災保険料など相談すれば出してもらるケースがあります。

お金のため、自分のため、ぜひ皆さん聞いて聞いて聞きまくりましょう^^

 

※必ず担当のケースワーカーさんに事前相談して下さい^^

 

↓弊社ホームページ「よくある質問」↓

shougaishafukushi.com

↓弊社ホームページ↓

shougaishafukushi.com