f:id:shogonir:20170529011413p:plain

 

目次

  1. この記事の目的
  2. テスト対象のコードを準備する
  3. karmaとbabel, webpack
  4. karmaでカバレッジを測定する
  5. テストを実行します
  6. まとめ

 

1. この記事の目的

最近、babel, webpackを使っていてkarmaでテストを書いています。

カバレッジの測定をしたくてkarma-coverageを使ってあれこれしていました。
しかしどうも依存するライブラリまでカバレッジ対象になってしまいます。
そこで今回はistanbulを使った解決策を紹介します。

ソースコードをGithubに上げました。

github.com

 

2. テスト対象のコードを準備する

今回はthree.jsに依存するCanvasController.jsを準備します。
最終的に、このCanvasController.jsをテストするコードを書き、three.jsを除いたカバレッジを計測します。

まずは、必要なパッケージを導入します。

yarn add three
yarn add --dev 
    babel-core 
    babel-loader 
    babel-preset-es2015 
    babel-preset-es2016 
    webpack

 
次にwebpackの設定ファイルを準備します。

module.exports = {
  context: __dirname + /src,
  entry: {
    application: ./application,
  },
  output: {
    path: __dirname + /dist,
    filename: app.js
  },
  module: {
    loaders: [
      { 
        test: /.js$/, 
        exclude: /node_modules/, 
        loader: "babel-loader", 
        query:{
          presets: [es2015, es2016]
        }
      }
    ]
  }
};

 
次にエントリーポイントのsrc/application.jsを次のように保存します。

export { default as CanvasController } from ./CanvasController;

 
次にsrc/CanvasController.jsを下記の通り保存します。

import * as THREE from three;

export default class CanvasController {
  
  constructor(canvasId) {
    let canvas = document.getElementById(canvasId);
    let renderer = new THREE.WebGLRenderer({canvas});
  }
}

 
これで、canvasのHTML要素を探して、three.jsのWebGLRendererを初期化するコードができました。
ではこれからはkarmaを使って、このCanvasController.jsをテストしていきます。
しかし、three.jsはカバレッジの対象外にするようにしていきます。

 

3. karmaとbabel, webpack

まず前提として、karmaでテストを実行するには、テストコードとテスト対象のコードがes5のJSである必要があります。
しかし、babelを使ってes2016などの記法で開発を進めている方も多いかと思います。
そこで、preprocessorという仕組みを使って、テスト実行前の処理を指定します。

今回はwebpackをpreprocessorとすることで、テストができるようにします。
この際のwebpackのloaderにbabelを指定することで、es2016->es5に変換してからwebpackに渡します。
webpackが最終的に1つのファイルにまとめたものをkarmaに渡し、テストを実行します。

まずは必要なパッケージを導入しましょう。

yarn add --dev 
    assert 
    karma 
    karma-chrome-launcher 
    karma-mocha 
    karma-webpack 
    mocha

 
次にkarmaの設定ファイルkarma.conf.jsを次のように保存します。

module.exports = function(config) {
  config.set({
    frameworks: [mocha],
    browsers: [Chrome],
    singleRun: true,
    logLevel: config.LOG_INFO,
    
    plugins: [
      karma-chrome-launcher,
      karma-mocha,
      karma-webpack
    ],
    
    files: [
      ./test/**/*.js
    ],
    preprocessors: {
      ./test/**/*.js: [webpack]
    },
    
    webpack: {
      module: {
        loaders: [
          {
            loader: babel-loader,
            exclude: /node_modules/,
            query: {
              presets: [es2015, es2016]
            }
          }
        ]
      }
    },
  });
};

 
これで、babel -> webpack -> karmaという順番でテスト実行できるようになりました。
次にテストコードを書きます。test/CanvasController.karma.jsを次の通り保存します。

import assert from assert;

import CanvasController from ../src/CanvasController;

describe(CanvasController, () => {
  describe(constructor, () => {
    it(no throw, () => {
      let canvas = document.createElement(canvas);
      canvas.id = canvas;
      document.body.appendChild(canvas);
      let canvasController = new CanvasController(canvas);
    });
  });
});

 
今回はカバレッジが本質なのでテストコードの書き方については省略します。
この状態でpackage.jsonのscripts.test: “karma start"として、yarn testを実行するとテストが走るはずです。

 

4. karmaでカバレッジを測定する

karmaでカバレッジを測定するために下記のパッケージを導入していきます。

  • istanbul-instrumenter-loader
    • 渡されたコードにinstrumentを仕込むローダー
    • instrument: その場所をテスト実行時に通ったか測定するセンサー
  • karma-coverage-istanbul-reporter
    • テスト実行してカバレッジをまとめて出力する

 
実際にパッケージを導入するコマンドは下記の通りです。

yarn add --dev 
    istanbul-instrumenter-loader 
    karma-coverage-istanbul-reporter

 
次にkarmaの設定ファイルkarma.conf.jsを修正します。

module.exports = function(config) {
  config.set({
    ...
    plugins: [
      karma-chrome-launcher,
      karma-coverage-istanbul-reporter,
      karma-mocha,
      karma-webpack,
      istanbul-instrumenter-loader
    ],
    ...
    webpack: {
      module: {
        loaders: [
          {
            loader: babel-loader,
            exclude: /node_modules/,
            query: {
              presets: [es2015, es2016]
            }
          },
          {
            loader: istanbul-instrumenter-loader,
            exclude: /node_modules/,
            include: /src/,
            enforce: post
          }
        ]
      }
    },
    reporters: [progress, coverage-istanbul],
    coverageIstanbulReporter: {
      reports: [text-summary]
    }
  });
};

 
修正したことは下記の通りです。

  • pluginsを追加
  • loadersにistanbul-instrumenter-loaderを追加
    • node_modulesを除外してsrc配下のソースのみ測定対象にします
    • enforce: ‘postとしてbabelより後になるようにしています
      • このローダーもes5のjsファイルにのみ対応していたはず
  • reportersにistanbulを追加
    • text-summaryの形式でカバレッジを出力します

 

5. テストを実行します

yarn testを実行すると、テストが実行され、カバレッジが出力されます。

f:id:shogonir:20170529021653p:plain

 

6. まとめ

今回はbabel, webpack, karmaを使ってテストのカバレッジを測定する方法を紹介しました。
ポイントはistanbul-instrumenter-loaderでnode_modulesをカバレッジ測定対象外にしている点です。
さて、これでブラウザでテストが動きますし、カバレッジも測定できます。
テストを書きつつモダンな環境でどんどん開発していきましょう。

皆さまお出かけしてますか?

 

今回はPIXAR ADVENTURE 「もしも」から始まる、冒険の世界〜後編という事でトイストーリーの続きです!

 

トイストーリーゾーンを抜けるとモンスターズインクゾーンが待ってましたがこちらは写真撮るのに待たなければなりませんでした、時間にして30分くらいは並びました(・Д・)ショエー

 

f:id:syuo0130:20170508215705j:image

こいつはマイクだ!

 

f:id:syuo0130:20170508215738j:image

そして、、こいつは、、ザンギエフ?違うな、、サニー?

 

f:id:syuo0130:20170508215930j:image

あー

 

f:id:syuo0130:20170508215951j:image

全然分からないー

 

f:id:syuo0130:20170508220034j:image

モンスターズインク見たけどはるか昔で忘れてしまった、、あぁー_:(´ཀ`」 ∠):でもカワイイー

 

f:id:syuo0130:20170508220144j:image

ニモだ!

 

f:id:syuo0130:20170508220327j:image

ニモも観たはずなのにキャラクターの名前が出てこないー笑

 

 f:id:syuo0130:20170508220240j:image

このサメは大きくて迫力ありましたよ!

 

他にもカーズなどもあったんだけど並ぶので疲れちゃって、、撮ってません( ´ ▽ ` )てへ

 

f:id:syuo0130:20170508220504j:image

帰り際にグッズコーナー見て

 

彼女タソと子供タソはお揃いの靴下とモンスターズインクのパズルを購入、子供タソにいたってはパズル半日で作り上げてました、、もうちょっと何日かかけて作るもんだとおもったらあれよあれよと作れるもんだ笑

 f:id:syuo0130:20170508223803j:image

こんな感じ

 

 

f:id:syuo0130:20170508220628j:image

僕はパンツ買いました(´∀`*)へへへ

 

待ちの時間はありましたが結構楽しめました(^_^)

 

ただ、、一度はどれも観てる映画なのに忘れてしまってる自分の記憶力に驚きを隠せません٩( ᐛ )وあじゃぱ

 

こういった展覧会ってあまりきた事なかったけど良いですね(^ ^)

 

特に良かったのがあちこち写真撮ってた時に知らない方が「3人の写メ撮りましょうか?」って言って写メ撮ったりしてくれたのが自然でとても良かった、、こーいう所ってこーいうのあるから好きっす(*´ω`*)

 

で僕もお返しに知らない方の写メを撮ったりしたんですが、、写メ撮る時にふと困った事が出てきました。

 

ど定番の「はいチーズ」「はいポーズ」?でも定番過ぎて恥ずかしくないか、、?

 

ちょっとくだけて「はいバター」?いやいや初対面の方に言うのおかしくないか、、?

 

写メ撮る2、3秒の間に臨時で脳内会議を開いた結果

 

「は、はい撮りますよー、はいー⤴️!」声裏返ったわ

 

その後回りを見てみると「はいチーズ」が多かった気がするけど、、なんか意識し過ぎてその後も「は、はいー⤴️!」で撮ってましたね、、ヤバイな、、カメラ撮るのちょっとトラウマに今なってる笑

 

いや!今度から「はいポーズ」で行こう!

 

だってさ「はいチーズ」って意味わかんないし、「はいー⤴️」はジャッキーチェンの映画の中国拳法の使い手みたいだし。

 

 皆さまもカメラ撮る決めゼリフは決めときましょう(`・ω・´)でなきゃ声裏返っちゃうアルヨ

 

 PIXAR ADVENTURE 前編はトイストーリーです!!4が楽しみです!!

www.sirohebi.com

f:id:miumaga:20170127200145j:plain

天正10年(1582)6月2日明智光秀は本能寺に宿泊中の織田信長を襲撃し、自害へと追い込みます。これが一般的に知られる【本能寺の変】です。

 

これまで光秀の謀反の動機は、戦国時代最大の謎として様々な説が挙げられてきました。今回は、明智光秀による本能寺の変の動機を考えてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

まずは、当時の現状確認から…

 

信長は京都・本能寺にて茶会を開き、わずかな手勢と共に滞在していました。首謀者である光秀は、中国攻めを行っている羽柴秀吉援軍を命じられて、1万3千の兵と共に京都にほど近い亀山城にいました。

羽柴秀吉、柴田勝家、丹羽長秀、滝川一益などの織田家重臣たちは、各々に京都から遠く離れた前線に張り付いていました。一方の徳川家康は、武田討伐を労う饗応で、安土に招かれた後、わずかな家臣と堺見物の最中でした。

信長の嫡男・信忠は、家康の接待役として堺に行く予定だったが、信長の上京を聞き、予定を変更して数百の手勢と共に京都に滞在していました。

 

光秀にとっては、信長・信忠親子を打ち取る絶好のチャンス。

この状況が生まれたのは、単なる偶然なのか?それとも誰かが仕組んだのか?謎が深まるばかりです。

 

 

私が本能寺の変の動機として認識していたのが怨恨説です。

1582年5月に信長が徳川家康を招き接待をしました。その時の接待役に任命されたのが明智光秀でした。しかし、その接待の食事の時に出した魚に信長は因縁をつけて接待役を途中解任。羽柴秀吉の救援に向かうよう命じます。

 

当時の織田家は武田家を滅ぼして、次の標的を毛利として秀吉を差し向けて対峙していました。秀吉は備中高松城を包囲中でしたが、兵力が足りなく信長に援軍を求めていました。光秀を接待役から降ろしたのは、そういう理由とされています。光秀の他にも、細川忠興、池田恒興、筒井順慶、中川清秀、高山重友も出陣を命じられていますので、光秀だけが援軍に向かったわけではありません。

 

ここで光秀は接待役をおろそかにされた事と、キンカ頭と呼ばれて辱めを受け続けた事や人質の母を殺された等の恨みがたまりにたまって謀反の決意をします。そこで光秀はすぐには秀吉の下へは発たず、6月1日に『信長様に出陣の武者ぞろえを見せるために京へ行く』として本能寺へ向かいます。そして、1582年6月2日に「敵は本能寺にあり!」と、兵を連れて信長に謀反を起こします。

 

以上が一般的に知られている本能寺の変のエピソードではないのでしょうか?

 

 

しかし、この説はいくつかの矛盾点があります。

接待役の解任事件では、『魚が腐っている』と因縁をつけられたとされていますが、家康の接待のための食材は信長自身が吟味したという話もあり、本当に魚が腐っていた事実があったのか疑問が生じます。

 

また、キンカ頭と罵られたとありますが、これは信長なりの親しみの表れだった考えます。実際に秀吉にも『さる』や『禿ネズミ』などと呼ばれていた事から分かる人にしかわからない愛情表現だったかもしれません。

 

母を殺された件については、当時丹波の八上城に光秀の母が人質として預けられていました。ところが、その城に信長が攻め入ったので、怒った家臣が光秀の母を殺してしまうと言う話もあります。

 

以上のことから、この怨恨説というのは後日作られた物語的なものではないかと言われています。

 

 

他にも色々な説が言われています。

 

 

野望説

明智光秀も戦国時代を生きてきた武将です。彼にも天下を目指す権利はあるはずです。

名門土岐氏の流れを汲むお家柄なら、なおさらプライドも高くこういった野望もあったのではないのかと思います。

 

 

ノイローゼになっていた

明智光秀は政治だけではなく戦にもたけていた人材でした。しかし、本能寺の変に関していうと勢いだけで攻めた印象もあります。思い付きで行動したのか、計画・行動共に穴だらけです。光秀の割には色々とおざなりな部分が目立ちます。そういった事から、精神的に病んでいたのはないのかと言われています。

 

仕えていく中で、石山本願寺の攻略で功績がなかったとして、長年にわたって信長に仕えてきた重臣の佐久間信盛・信栄父子が追放されたり、同じく重臣の林秀貞も、二十数年前に信長に背いたことがあったとして追放されました。

 

織田信長に長く使えたものですら、失脚させられるそんな信長のやり方に、不安が恐怖となり、光秀は謀反に踏み切った可能性もあります。

 

 

黒幕説

最近言われているのがこの黒幕説。

この黒幕には、足利義昭・朝廷・天皇・秀吉・家康など挙げればきりがない程います。

今日は、秀吉黒幕説を書いていきます。残りは長くなるの別の記事で書いていきます。

 

秀吉黒幕説

本能寺の変後に一番得をした人と考えれば、動機は十分です。

中国攻めをしていた秀吉が、援軍を要請したのは秀吉です。もし、秀吉による援軍要請がなければ本能寺の変もなかったということになります。

 

この援軍要請には不可解な事があります。

援軍の名目として『備中高松城への水攻めは順調に進んでいたものの、毛利の大軍が支援に来るとの情報があり、そうなれ形勢が逆転する可能性もあるので…』と言う建前がありました。

 

この援軍要請の手紙が届いたのが、5月15日。そして、高松城を救うために吉川元春、小早川隆景が援軍に到着したのが5月21日でしたが、その頃には堤防は完成しており、秀吉の築いた湖を前にして身動きが取れなかったそうです。

 

そんな落城寸前の城に対して援軍要請をする必要があったのでしょうか?

 

一説ではこの援軍の要請には、秀吉のゴマスリという見方もあります。秀吉が準備を整えた後に、最後の締めを信長にやってもらい、ご機嫌を取るというものです。しかし、この時点で敵対しているのは毛利だけではなく、北陸の上杉、関東の北条などとも交戦中なわけで、秀吉だけに花を持たせる必要もないはずです。

しかも、毛利の本拠地を攻めていたわけでもないのに…

 

そう考えるとどうも、この援軍要請は不可解です。

 

また、秀吉が黒幕と思わせる一番の理由は、中国大返しの手際のよさです。

 

6月3日の夜に「信長死す」の訃報を聞き、6月6日撤退を開始して、6日の夜に到着した備前・沼城から、大返しが開始となると、準備期間はわずかに6月4日と5日の2日間という事になります。

 


道筋には松明(たいまつ)を掲げ、食事の準備を整え、替え馬の用意もして…


高松城から姫路城への約90kmの行程を道も舗装されていない、3万人という人が、わずか1日半で駆け抜けたのです。わずか2日間で整える事ができるものなのでしょうか?

 

海路で必要な物資を運んだという話もありますが、仮に船で物資を輸送したとして2日で舟の手配から物資の運び込みが出来たのでしょうか?

 

また、高松城の和睦交渉が成立した直後に、信長の死を知った毛利が秀吉の追撃をしなかったのも気になります。この時、兄の吉川元春が秀吉の追撃を主張したのに対し、弟の小早川隆景がそれを阻止したと言われていて、後に秀吉が五大老に任命する5人の中に毛利家から、当主の毛利輝元と小早川隆景の二人も選ばれているのは実に不可解です。

 

これが本能寺変の秀吉黒幕説と言われています。

この戦国時代最大のミステリー本能寺の変の黒幕説には、色々な説があり…

 

徳川家康説

長曾我部節

天皇・朝廷説

足利義昭説

 

などが言われており、他の記事で書かせてもらいます。

 

 

rekishi-note.hatenablog.com

 

 

 

そろそろ動かないとな...

と思いながら早3年。

某お笑い養成所(吉〇)に通うも肌に合わずサボり癖が付き卒業まではボロボロ、

吹き出物沢山でゴールに辿り着いたものの、もちろん所属までに至らず(笑)。

「やっぱり音楽が好きなんだな俺歌上手いし」なんてまたも拗らせバンドも組むまで

2年かかり。その間に若干の音楽知識を身につけ(たと思ってるだけ)、バンドもなんとか初ライブを行うことができそうなわけで。ずいぶん時間をかけて事を進めてるなと我ながら時間の無駄遣いを実感している今日この頃でございます。

 そんな中、自分なりに色々な音楽を聴いてきたと自負していまして(笑)。

ちょっとホントに自分が振り返ってみて「何言ってんだこいつはもっとやるべきことがあるだろうここらで親の跡でも継いどけよ後悔するぞ」なんてことにならなければいいなという自戒の意味も込めたブログ(主に自分の好きなアルバム紹介)をしていこうと思います。

まあ三日坊主の可能性もあれば1週間続くか不安ではあります。いわば蝉より長生きをしたい一心で執筆呟ければいいかなと思います。

 

ということで今回紹介したい1枚はこちら☟

 

VINTAGE TROUBLEの1Hopeful Rd.でございます。

だいぶ待ち焦がれました。いやもうその前から彼らの歌で黒焦げです(笑)。

まず彼らの紹介をすると、結成したのはここ4,5年前ではありますが個々のキャリアは意外と長いようです。R&Bグループで活動していたヴォーカルのタイ・テイラー、ギターのナル・コルト、ベースのリック・バリオ・ディルそしてドラムのリチャード・ダニエルソンで構成された4人組のバンドです。特に印象に残るのは今年、AC/DCのヨーロッパツアーに帯同していたことです。2年前、サマソニに出演していたのですがチャンスを逃し見ることができませんでした(個人的な後悔)。

そんな彼らが今月12日に世に送り出したメジャー1stアルバムなわけですが、なんといっても注目すべきはレーベル。

ジャズのレーベルとして今もなお絶大な信頼をおいているブルーノートレコードから出していること、それもロックというジャンルで(因みにノラ・ジョーンズもこのレーベルからCDをリリースしています)。それがどういうことかというと、丸亀製麺から蕎麦の新商品が出るようなものです。

VINTAGE TROUBLEの魅力は何といってもタイ・テイラーの力強い歌声、ソウルフルでノリの良い楽曲にあると思います。

www.youtube.com

この曲は一番最初に出したアルバム「The Bomb Shelter Session」の1曲目に収録されている曲なのですが、自分はまさしくこの一曲目に胸倉つかまれ引きずり込まれていきました(笑)。

パワフルでちぎれそうなタイのヴォーカルにいなたくもエッヂの効いたイントロのギターリフ、それにオクターブ下でユニゾンしながらも洒落た遊びを聴かせてくれるリックのベース(因みに僕は女だったらリックみたいな男性と結婚したい)、地面を揺らすかのように激しく響かすドラム。メンバーそれぞれのインパクトがありながらも曲自体の秘めた力が限界を見せずまとめるあたり、抽象的ですが最高としか言いようがありません。

 

今回のアルバムに戻りますが個人的に印象に残ったのはまたしても1曲目に収録されている「Run Like The River」です。

 

www.youtube.com

タイトルの通り変則的なチューニングによって生み出されるスライドギターの魅惑の音色は川の流れのようです。走れ!ほらもっと早く!と促すように歌うタイ・テイラーの煽りに体中の血が激流します。彼らの曲の醍醐味は人間の本能の中にあるように思えます。ドッタッドッタッと力強く足踏みをしているドラムも、流動的に聴こえるベースもすべてこの曲の根底にある古くから人間のDNAに刻み込まれたもののように感じます。

 

ちょっと慣れないことをすると飽きがすぐにきますね(笑)、疲れましたww

ユニバーサル・ミュージックがパワープッシュしているこのバンド、ぜひ気になってみてはいかがでしょうか。因みに私、20日に彼らを生で見てきます、初です。興奮して夜も眠りたくなります。もういくつ寝ると状態です。そんなことを言っているとあっという間に今年が終わりそうです。

 

初めて書いてみましたが見返すと酷いですね(笑)。小学校の時に書いたアサガオの成長日記のほうがまだマシな気がします。いつか太陽が出てきてくれることを信じて書こうと思います。色々なものと比較してみるのもアリかななんて思いました。恥は捨てます。誰も見てないんだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

大規模リフォーム無料熊本で住宅・マンションの改造の事なら外壁塗装に使用される塗料といえば、絶対に後悔のない工事をしていただければ幸いです。外構・エクステリア・造園工事は、なかなかスポットが当たらない三方の外壁防水工事を致します。

鋼板に位置するサイディング展示場および屋根・外壁ブースには、制震装置・制震ダンパーの解説現在も外壁専用の水性塗料を使用しています。

新築は1戸あたり30万ポイント窯業系の防火サイディングを採用し、14日の一泊二日にて外構工事は横浜市のタクミ建業にお任せ下さい。デザインについて、ガルバリウム鋼板外壁を施工、それぞれの間隔や高さを工夫することで店舗における外壁の塗り替え工事です。

東京横浜エリアで外壁塗装を考えている方は耐震改修実施。居住者や管理組合への専門的なアドバイザー役、専門家の方々の御意見よろしくお願いいたします。耐震診断のご依頼から現地調査マンションでも外壁塗装を行う必要がありますのでデザイン性の高い内装壁材として展開しています。家の外壁や窓タイルのひび割れや色違いの補修跡ケアが違ってきます。

焦る

2018/01/06

ち......調子が悪いorz

体調とかそういう問題ではなくまた棒高の話^^;

臆病パルが多分出現してくれちゃったせいで跳んだとき前に進まない(泣

2回ぐらい死ぬかと思ったぁ(滝汗

おかげさまで空中動作の練習が全く出来ずorz

これはひじょーにまずい!

うん、死刑に値するね(ぇ

ここ一ヶ月ぐらい空中動作の練習を一切やってないので本番で出来るとは思えない

基本大会の日は調子が神ってるのでパフォーマンスがいいのでそれに賭けるしかないか

いや、やれるだけこの二日間やってみよう

でないと心配で大会に望めない!

絶対県大に出てやるんだ!!

でわ×2

いままで大きなおなかで頑張ってくれた会社の女の子が、出産退職するため今日が最後の出勤日でした。

いつもいた子がいなくなってしまうのは寂しいけれど、これからは自分のために時間を使って、無事に元気な赤ちゃんを産んでくださいね!
長い間おつかれさまでした。

この本の作者、行正さんには2人のお子さんがいて、エッセイの中にもたびたび登場しています。
彼女が家族や両親、留学先のホストファミリーとの関係をとても大切にしていることが伝わってくるし、そのエピソードにちなんだ料理もおいしそう!

やさしさグルグル (文春文庫)

やさしさグルグル (文春文庫)

  • 作者: 行正り香
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/06/08
  • メディア: 文庫
  • 購入: 1人 クリック: 7回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る

この本はワインが飲めない人でも楽しめるように書いた本なんだそう…気になる!

ワインパーティーをしよう。 (講談社のお料理BOOK)

ワインパーティーをしよう。 (講談社のお料理BOOK)

  • 作者: 行正り香
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/06/28
  • メディア: 大型本
  • クリック: 10回
  • この商品を含むブログ (20件) を見る

タレやあわせ調味料の黄金比率がとても参考になります。
やっぱり、和食かな。―ラクに覚えて、ラクに作れる、和食のバッチリルール

やっぱり、和食かな。―ラクに覚えて、ラクに作れる、和食のバッチリルール

  • 作者: 行正り香
  • 出版社/メーカー: 文化出版局
  • 発売日: 2005/05
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 27回
  • この商品を含むブログ (60件) を見る

社内サークル活動のはずだったのですが、月末で私以外みんな忙しかったらしく社内サークル活動が中止となりました。

ビリヤードのために奮起して仕事片づける、というのは球バカ以外にはありえない模様。

 

そんなわけでホームにてじっくりと練習することができました。

こういう時に限ってフォーム撮影キット(100均で売ってるメニュー立て)を持ってきていない悲しみ。

 

練習1:フォーム、ストローク練習

センターショットと弾かない押しです。

まずは、アドレスからフォームまででちんたらしていたのを直すべくサクサクやることを心がけたところ、前日撞いたこともあり問題なくできました。

・腹筋を意識して体を倒す

・左膝をちゃんと曲げる

・前にのめりこまない

の3点を意識することが大事でした。

左足を前に出す出さないについては、自然体で出したければ出すし出さなくても構えられるなら出さないといった感じで決着。

 

キューを握るときに、B1タイプのパワーライン上に握るようにしてみたら手の中でのキューの安定感が段違いになったのですが、握ることに意識を傾け過ぎて手首ががちがちになっていました。

気付けたときは手首を緩くできたのですが、熱くなったりしてくると手首まで意識が回っていなかったのでこれは次回以降も課題だな。

 

センターショットはどうにか9連続達成。押し球は弾けたりするものの結構なアベレージに。

色々つかめてきたようなので、いかに弾かずに撞けるかを引き続き追求したい。

 

練習2:ブレイク

まずは、力まずにゆっくりと動作を確認してやって、そこから段々とパワフルにしていったところ、序盤はいい当たりもぼちぼち。

しかし、この日の終盤はもうどこ撞いてるんだかってくらいとっ散らかってたので、この辺りは疲労も関係してそう。

常連さんにも「スピードはそこまで変化してなさそうだけどタイミングや撞点でぐずってて随分と軽くなってるね」とご指摘を受けたので、次回は撞点を大切にするところから確認し直したいです。

 

練習3:ドリル配置

今回の配置はこれ。

 

f:id:fumy_billiard:20160514234638j:plain

 

4番のイレミスがとても多かったです。

5番から6番は順引きで行くと最後6番が楽になることが分かったのですが、順引きのイレ自体が若干難しく。

元々苦手な撞き方、入れ方だからいい練習になっています。

この練習時に、最初の取り出しがサクサク入ったのでフォームの悩みはほぼ解消したっぽい。

 

練習4:ボウラード

後述する相撞き後にやったのですが、平撞きブレイクが酷過ぎたので抑え目にして撞いてたのに手球が引けるわ散らないわで取り出し絶望ということが多々ありスコア伸びず。

ただ、ストライクが2度程でたのでなかなかにいい感じ。

そろそろ5個取りきり練習を再開します。

 

相撞き

B級の常連さんと4先を1回しました。

普段がっつり人見知りで声をかけていただいたりどなたかに斡旋していただかないとなかなか相撞きできない人間なので、声をかけていただきとても嬉しかったです。

 

9ボール4先:W-2

相撞きになると途端に入らなくなる悲しみ。

なんでこんなに入らんのか、と色々悩んでいたのですがどうにも撞く感触がさっきまでと違うということに気付き、球触りを無意識で恐れてキュー先と手球の距離が開いてたのが原因だったようです。

意識したら多少マシになりました。

序盤から組み立てられず終盤だけお茶を濁して取る感じだったので、もうちょっと序盤から支配していければなぁと思った次第。

 

この日よかったこと

手球が土手際でそんなに強くいく必要がないときはテイクバック、フォロースルーを極力小さくすることで安定することを思い出せました。よきかな。

 

また、今まで、あまり転がしたくないのにちょっと薄いってときに「弱く撞くから頼む止まってくれー!」と神頼みして止まらずに死亡ということを散々やらかしてきた私。

そういった苦い経験を生かし神に頼むのを辞めました。

例えばこの配置。

 

f:id:fumy_billiard:20160525003115j:image

 
ちょっと下を撞いて撞きやすい加減で撞けば5番はサイドでもコーナーでもどうにでもなるだろ、と考えました。
 
f:id:fumy_billiard:20160525003121j:image
 
考え通りのいい結果に。
ここでミスらなかったのでこの配置は取りきれました。
もちろん毎度毎度転がせばいいってもんじゃないのはわかっている(この5番はトロンと撞いて転がさずにしてます)ので、弱くいくのかそれともちょっと手球を走らせるのかといったジャッジの正確性を上げられるように頑張ります。
 

この日悪かったこと

相変わらず斬タップのキレ具合に対応しきれていません。

例えば下記配置。

 
f:id:fumy_billiard:20160525003136j:image
 
ちょっと左入れて気持ち3番に戻すサイドはまず超えないってイメージだったのですが、
 
f:id:fumy_billiard:20160525003126j:image
 
どういうことだってばよ。
キューを立て気味だったからとかなんだろうか。
今まで経験したことない異次元のキレが暴発して大変です。
センターショットで1ポイント引く練習とか長クッション際の振りのある球で1ポイントひねりで戻す練習とかした方がいいんかな。
 
また、イレに関しても課題が見つかりました。
上がる直前の1人流しでやってた9ボールで、マスワリがかかった下記配置。
 
f:id:fumy_billiard:20160525003143j:image
 
芯よりは引き回転で、長クッションに入ってちょっと浮けばよいくらいのイメージで、撞点としては何も難しいことはない配置。
 
f:id:fumy_billiard:20160525003151j:image
 
これをすっ飛ばす。
右振りの厚みが見えてない問題再びです。
前に書いた下記ドリルをまたやります。
 
 

f:id:fumy_billiard:20160421014147j:plain

 

そのほか

がっつり量を撞いたのでフォームに自信を持てたのがこの日1番の収穫でした。

斬タップの引きやひねりはイメージより出るのに押しはたまにまったくかからないという気まぐれに関して、次に練習できるときに検証する必要があるなと思いました。

 

結局3時間半ほど撞いて、久々の長時間球撞きで左肩が痛くなりました。

体は結構限界近かったし精神的にも集中が保たなくなってたけど練習したいことはまだまだいっぱいあったので、球撞かないときには体力つけるトレーニングもした方がいいかもと思いました。

筋トレの結果がぼちぼち出始めてるし、スタミナについても追及して、ゆくゆくは9番を入れて「制 圧 完 了」とか言っても恥じない体になりたいものです。

こんにちは。

つなぎ そうたろうこと、ツナです!

 

f:id:tsunagis:20170123173519j:plain

ブログ始めます!!

 

ブログ始めた理由は2つあります。

 

1つ目が、新たな生活が始まるに際し、自分の軌跡を記録するため

 

2つ目が、いろんな人にこのブログを通して、勇気や新鮮さを写真や自分の言葉で与えたい!と思ったから

 

 

今大学2年生ですが、大学のGlobal Citizenship Programでは2年間勉強漬けの日々を送り、辛かったり、嬉しかったりと本当に濃い2年間を送ることができました。

その中でも、大学の大切な仲間、同志たちとともに経験したフィリピンでの思い出は自分にとって原動力!。でも、この2017年からはそれぞれの場所でそれぞれの新たな道が待っています。自分もその一人です。

 

f:id:tsunagis:20170123172755j:plain

 

4月からNPO法人e-Educationのフィリピン担当として、1年間大学を休学して

1人で行ってまいります!!

この1年間でどのように自分が変わっていくのか、変わらないのか楽しみです。

  

そんな新たな自分の世界、挫折、成功、違和感...etc、いろんなことを綴っていきたいです。

f:id:tsunagis:20170123172206j:plain

 

 

 

お手伝い

2018/01/06

f:id:takatiho:20140816155038j:plain休日に出来るときだけ家の中で出来ることを手伝っています。
実はパッケージングもシーリングもあまり得意ではありません^^;